ホーム >  売りたい・貸したい >  狭い土地の活用法

売りたい・貸したい

狭い土地の活用法

狭い土地ならではの活用方法!

土地の活用・運用は広大な土地を持っている人にしかすることができないと思っていませんか?しかし、最近は建築技術をはじめとした様々な技術の発達により、狭い土地でも工夫次第で利益を生み出すことが可能です。たとえ一坪でもアイデア次第で活用できますので、土地を何もせずに持て余している場合は一度検討する価値があります。

狭い土地の活用例

狭い土地を有効に活用する際の代表的なケースをご紹介します。

ガレージ兼貸し倉庫
車が趣味の方や高級外車の所有者など、少々賃料が高額でもシャッター付きのガレージを求めている方は少なくないです。また、自営業者、商店の経営者などが大量の荷物の出し入れが頻繁にあるため、車を乗り入れられる倉庫を探しているというケースもあります。小さな倉庫でも車が1、2台入れられるスペースがあれば十分ニーズを満たせる場合も多いため、立地次第で検討の価値はあります。
コインロッカー
駅の構内でよく見かけるコインロッカーですが、イベント施設、歓楽街の入り口付近でも多くの利用者が見込めます。省スペースでも設置可能な上、自動販売機と違い、商品の仕入れや補充の必要がありません。そのため、手間をかけずに管理を行うことができます。
貸しロッカー
長期利用者向けに、月単位で貸すロッカーです。コインロッカーと比べ、人通りが少ない場所でも運営をすることができます。自宅に収納スペースのない方が、ふだん使わないようなウィンタースポーツ用品やスタッドレスタイヤの保管場所として利用しているケースがよく見られます。
固定した利用者を確保することができれば、安定した収入を得ることができます。
機械式駐車場
駐車場経営は人気ですが、ある程度の広さがなければ成り立ちません。その壁をクリアしたのが機械式駐車場です。 建物の中に機械式のリフトを設置し、立体的な駐車場を作ります。最近は様々な種類の機械式駐車場があり、平面では2台分のスペースのところ、8台を収容可能にしたものもあります。
最初の設備投資にややお金がかかりますが、車の多い地域では有効な手段の一つです。