ホーム >  売りたい・貸したい >  広い土地の活用法

売りたい・貸したい

広い土地の活用法

高い収益率に繋がる土地の広さ!

広い土地はそれだけで十分に価値がありますが、建物の工事がしやすいこともあり、さまざまな土地活用の手段を選ぶことができます。

活用次第によっては高収入も期待できますが、活用方法によっては初期投資や管理にコストが掛かってしまうこともあります。間違った判断をしなければ、コストとリスクに見合ったリターンを期待することができますので、是非専門家に相談してみてください。

広い土地の活用例

広い土地は「何を建てるのか」「どう売るのか」「どう貸すのか」という選択肢が広くなります。しかし、周辺環境、時には社会情勢にも大きく左右されるものですので、じっくりと検討されることをおすすめします。

住宅分譲地
広い土地を一度に売ろうとしても、金額が高すぎて買い手が見つからない場合があります。しかし、分譲地にすれば区画ごとに値段が設定されますので、各買い手の購入金額を抑えることができ、売り上げも期待できます。また、初期投資の費用に余裕があれば、住宅を建設し住宅ごと売るという方法も選べます。一定区画をモデルルームとして利用することで、住宅の購入希望者へのアピールもしやすくなります。
オフィスビル、商業施設
賃貸・売却物件ともにビジネスに関連する物件や大型商業施設は高い収益が期待できます。ただし、その分軌道に乗らなかったときのリスクは高くなる傾向があります。
アパート、マンション
アパートやマンションは土地の広さによって、建てられる物件の大きさ・部屋の数などが決まります。広い土地であれば高層マンションなどのより魅力のある物件を建てることができます。
広く、設備の立派なマンションほど賃料・売買価格も高額で貸し出すことが可能ですので、その分収益率が高くなります。