ホーム >  売りたい・貸したい >  土地の活用とは

売りたい・貸したい

土地の活用とは

生活に適したプランを立て、資産運用の有効な手段として活用する。

積極的な資産運用

土地は持っているだけで資産となりますが、有効に活用することで安定収入を得ることもできます。また、土地を所有しているだけでは、税金の負担や管理などのコストが逆にかかってしまうことになりかねません。

そのためには、「土地の値上がり」を待つだけではなく、積極的な土地活用によって安定した収入と支出の削除を目指す必要があります。

節税対策

土地活用の方法によっては、固定資産税や都市計画税、相続税などを大幅に節税することができます。

節税対策で代表的なものは賃貸アパート・マンションの経営です。更地に賃貸住宅を建てるだけで敷地緒課税標準は大きく減額されます。また、建物の固定資産税も軽減措置があり、相続税の評価額についても減額されるのです。そのほか、所得税や都市計画税、消費税といった税金も賃貸アパート・マンションを建築することで節税が可能になります。

安定した収入と支出の削減。しっかりとした土地活用は、あなたの資産運用に大きく貢献してくれます。

土地活用の種類

土地活用の方法はさまざまですが、代表的なものとして以下の3つの方法があります。

建てて貸す-高収益の見込める賃貸物件経営-

直接土地を貸すのではなく、所有地にアパートやマンション、オフィスビル、商業ビルなどを建て、その賃料を収入とする方法です。

長期的な安定収入を得ることができ、各種の節税効果が期待できます。また、手間や人件費をかけずに運用することができ、資産も目減りしません。現在では土地活用の手段としてもっともポピュラーな方法で、人気があります。

ただし、空室や家賃の値下がりなどのリスクもありますので綿密な計画を立てることが必要です。

土地を貸す-ローリスクで安定収入-

土地を「利用可能な場所」として第三者に貸す方法で、代表的なものに駐車場の経営が挙げられます。更地への復帰を簡単に行うことができ、初期投資についても安く抑えることができるため、短期的な運営方法として重宝されています。

ただし、税法上の優遇措置はほとんどありません。

土地を売る-管理の負担がなくなります-

土地を所有したまま活用するのではなく、土地を手放し収益を得る方法です。長期的な安定収入は得られませんが、短期間にまとまった金融資産が必要な場合には有効な方法。

詳しくは専門家にご相談を!

今行おうと考えている土地活用は本当に適正なものでしょうか。実際に活用する前に現在の運用方法と新たな土地活用をした場合の安全性や収益性・効率性を検討し、利回り分析のシミュレーションが大事です。

お客様の希望に合った活用方法と収益を上げるためにも、是非一度専門家に相談してみることをおすすめします。将来の活用方法も視野に入れた資産活用をアドバイスさせていただきます。