ホーム >  売りたい・貸したい >  具体的な事業計画

売りたい・貸したい

具体的な事業計画

賃貸で利益を出すために最も基本となることは、しっかりとした事業計画を立てることです。立地や条件・物件の設備・機能など、入居者のニーズに合った物件になるように考慮し、事業収支計画を考える際には、以下のような要因について事前に検討しておく必要があります。

  • 賃料の設定
  • 資金の手当て
  • 客層の設定
  • 借入金の利息
  • 清掃や共益部分の維持費
  • 火災や災害への損害保険料
  • 建物保全のための修繕費積み立て
  • 不動産会社への管理委託費
  • 事業者としての事業税や市県民税などの負担

利回り・満室率

収支について計画を立てたとき、「利回り」と「満室率」は大きなポイントです。

利回りとは

利回りとは、投資した元本に対する収益の割合のことを指し、年間の総収入を購入費で割ることで数値を求めることができます。

利回りが高ければ回収割合が多く、低ければ回収割合が低いことを意味します。一般的には、アパート経営で利益を上げるためには実質利回りが10%以上必要だといわれています。

満室率

満室率とは、部屋が埋まっている日数を、全部屋分合計した延べ日数で割った割合を指します。

満室率を高い数字でキープするには

  • できるだけ同じ入居者に長く居住してもらうこと
  • 退去者が出た後、次の入居者をどれだけ早く見付けられるか

という2点に気を配ることが必要です。

そのためには、物件が入居者のニーズにあったものであるか、賃料は適正(近隣の相場と見あっている)か不動産会社は信用があり評価の高い会社か、PRの実力についてはどうか、ということをしっかり検討する必要があります。