ホーム >  売りたい・貸したい >  売り方・貸し方の流れ

売りたい・貸したい

売り方・貸し方の流れ

ここでは不動産物件の売り方貸し方について、一般的な流れを簡単にご紹介します。物件の種類や、仲介を頼む業者によって細部は異なりますが、一般的な流れを把握しておくと計画が立てやすくなります。

また、不動産業者を仲介せずに物件の売却・賃貸をすることもできますが、売れ残りや空室についての心配を少しでも避けるために不動産会社を利用することをおすすめします。

物件売却の流れ

査定を依頼、相場を確認

まずは自分の所有している不動産の価値を確認。不動産業者に電話などで情報を教えて簡易的に査定してもらった後、実際の物件を確認する外観査定を行うのが一般的です。

売却価格を決定・不動産業者の選択

査定の金額をもとに、実際に売り出す価格を決定します。どの不動産業者に頼むかということや、不動産業者を何社使用するか、ということなども同時に決定させましょう。

媒介契約の締結

売却の意志が固まったら、売却活動を始める前に不動産業者と売却契約を結びます。

物件の宣伝及び営業活動・契約

売却を行うため、様々な営業活動を行います。

買い手がついた場合は売却契約を結び、住宅ローンの精算、抵当権抹消などの手続きを行います。引き渡しの際には権利証などの書類と不動産業者に支払う仲介手数料などの費用が必要です。また、印紙税や譲渡所得税、住民税が発生します。

ページの先頭へ

物件貸し出しの流れ

相談、相場を確認

まずは自分の所有している不動産をどの様に貸したいのかというお客様のご要望や賃貸条件を不動産業者で確認します。その際に、物件を実際に見せていただきその土地の人口動態や入居者ニーズなどを勘案し、不動産業者よりアドバイスを行います。

賃料の決定・不動産業者を選択、依頼

相場をもとに、賃料を決定します。その際にリフォームや間取り、賃料について不動産業者より提案される場合がありますので、あわせて検討しましょう。

管理契約

普通借家か定期借家などの契約条件について、不動産業者と管理契約を結びます。

入居者募集・契約

様々な営業活動により入居者を募集します。

入居希望者様からのお申し込みをいただいた後は、入居審査を経て条件が整いましたら、ご契約です。