ホーム >  不動産お役立ちガイド >  お部屋契約にかかるお金

不動産お役立ちガイド

お部屋契約にかかるお金

アパートやマンションなどの賃貸物件を借りる際には敷金・礼金・仲介手数料・保険料などの料金がかかります。また、日割りで計算した前家賃も払わなければなりません。

近年では敷金・礼金0円といった物件も見られるようになってきましたが、希望の物件を気持ちよく即決できるように、ある程度余裕を持ってお金を用意しておきたいものです。

ちなみに、一般的に契約時に必要な費用は家賃の4~6カ月分といわれています。

礼金

礼金とは、もともとは戦後の住宅難の時代に、家主に対する感謝の気持ちとして渡していたお金が慣習化されたものだといわれています。

敷金と同様に「家賃の○か月分」として金額が定められているケースが多く、相場は家賃の1~2カ月分です。ただし、敷金とは違い部屋を退去した際に返還されることはありません。

敷金

敷金とは、家賃の滞納や退去時の清掃・改装に充てる費用として貸主に預けておくお金です。基本的には退去時には返還されることを前提としています。ただし、敷金が全額戻ってくる例は少なく、場合によっては追加の清掃費などを求められる場合もあるようです。

仲介手数料

仲介手数料とは、物件を紹介してもらった不動産会社に支払うお金で、法律により家賃の1カ月分と定められています。当然、貸主と直接契約するような場合には発生しません。

前家賃

前家賃とは、契約日から日割り計算した今月分の家賃と、翌月の家賃のことです。通常は敷金や礼金と一緒に貸主に支払います。

火災保険料

契約の際には、火災保険への加入を勧められるケースが多くあります。

法律上は必ずしも加入義務があるわけではありません。ただし、借主の部屋で火災がおこり他の部屋まで被害が及んだ場合には、借主に損害賠償責任が発生します。莫大な費用になってしまうことも少なくありませんので、万が一に備えて火災保険の加入には従っておいたほうよいです。