ホーム >  不動産お役立ちガイド >  見積もりについて

不動産お役立ちガイド

見積もりについて

引越し業者に支払う料金は、荷物の量や引越しの距離によって決まります。ただし、料金の基準や算出方法は業者によって異なりますので、事前に引越し料金の見積もりを出してもらうことで金額の目安をつけることができます。

引越しの見積もりは無料で行うことが引越約款で義務づけられているので、料金のことは気にせずに、どんどん見積もりをしてもらいます。数社に見積もりを依頼することで、価格の相場がわかり、自分が納得する料金・内容の業者を選ぶことができます。

オンライン見積もり

現在ではオンラインで見積もりを受け付けている業者も増えています。しかし、オンライン見積もりの結果だけでは料金とサービス内容しかわからないため、業者としての対応の善し悪しなどを見ることはできません。必ず現地まで直接見積もりに来てもらうように依頼します。料金が安いだけで作業が雑だったり、対応が悪かったりする業者を事前に見抜くことができます。

見積もりの留意点

現地見積もりは最低3社以上の引越し業者から行ってもらうのがよいとされています。

複数の業者を呼ぶことで選択肢も増え、他社と競合するため値引きも期待できるかもしれません。何より自分に一番合っているサービス・料金の業者を選ぶことができます。

また、現地見積もりは、営業職の方が担当するのが一般的です。実際の作業員ではありませんから、細部まで連絡が行き届かずにトラブルになってしまうケースもありえます。そのため、見積もりの際に受けた説明はメモを取っておき、本契約の際にもう一度確認しておくことでトラブルを未然に防ぐことができます。

稀に、オンライン見積もりの後、メールや電話のやり取りだけで見積もりを出す業者もあります。しかし、メールや電話だけでのやり取りだけでは業者の実態がわかりづらいため、必ず現地まで来てもらってください。また、業者が手付金や予約金を要求してくることがありますが、これは「標準約款」違反です。支払う必要はありません。