ホーム >  不動産お役立ちガイド >  掃除のポイント

不動産お役立ちガイド

掃除のポイント

掃除には思いのほか時間がかかります。気持ちよく新生活をスタートさせられるよう、新住居・旧住居とも効率よく掃除を行います。

旧居の掃除

壁紙や畳の汚れやキズの程度によっては、敷金からクリーニング代や修繕費を差し引かれる可能性があります。

ただし、入居時の契約書に「退去時の掃除代の負担」項目がある場合は、専門業者によるハウスクリーニングが入ることが一般的です。その場合、自分で行う掃除は「気持ち上」のものとなりますが、今まで住んでいた家(部屋)に感謝をする意味でも行っておきます。

床・畳・壁の掃除

畳・フローリングなどは、まずは全体に掃除機をかけ、固く絞った雑巾で拭くだけで十分綺麗になります。壁や床などの小さなキズ・穴などは、市販の補修材を使用して補修すると綺麗に修復できます。

壁紙の汚れは、薄めた中性洗剤などで拭きとります。

台所の掃除

キッチンは、落ちにくい汚れが多い場所です。

特にガスコンロの周りの油汚れは、落とすのがなかなか困難です。汚れをよく落とす方法としては、取り外しができるものはつけ置いてから汚れを拭きとるとよいです。また、汚れに小麦粉を振りかけてからこすると、粉が油を吸収してくれます。後はそのくずを集め、からぶきを行い仕上げます。

トイレ・お風呂の掃除

トイレ・お風呂のひどい汚れにはつけ置きが有効です。洗剤をかけ、しばらく放置しておきます。

ただし、つまった髪の毛などを溶かす洗剤は非常に強い薬品ですので、取り扱いにも十分な注意が必要です。複数の洗剤を同時に使用するのも、有害な気体が発生する場合もあります。成分をよく確認し、換気に十分注意して掃除をしてください。

窓ガラスの掃除

ガラスの汚れを落とす際には、新聞紙を試用するとよいです。ガラスに洗剤を直接つけ、新聞紙で丁寧にこすると見違えるほど綺麗になります。

桟の部分にも汚れがたまっていますので、使用済みの割り箸や歯ブラシなどを利用して、丁寧に汚れを取ります。

新居の掃除

ハウスクリーニングを終えているとはいえ、空室には意外に埃がたまるものです。引越し前に軽く掃除をしておくと、新しい生活のスタートを気持ちよく切ることができます。

床・畳・天井の掃除

まずは掃除機をかけた後、固く絞った雑巾で全体を拭きます。家具を置いた後では掃除がしにくくなりますので、家具の配置の前に行っておきます。

台所・トイレ・お風呂の掃除

脱水口が汚れていたり、埃がたまっていたりすることもあります。水道が出るかどうかなどの確認のついでに、軽く掃除を行っておきます。

害虫駆除

可能であれば、市販の害虫駆除剤などを利用して、はじめに徹底的に駆除を行っておくと安心です。特に、集合住宅で1階に飲食店が入っているような場合や、近隣の住宅が密接しているような場合には、できるだけ処置しておきたいものです。