ホーム >  不動産お役立ちガイド >  引越し業者の選び方

不動産お役立ちガイド

引越し業者の選び方

引越しの際に多くの人が悩むのが、「どの引越し業者に頼むのがベストか」ということです。料金とサービスの両方で満足できる引越し業者を選ぶために、業者を判断するポイントを確認しておくことが大切です。

引越し業者の代表的なサービス

引越しの際に業者が行ってくれる代表的なサービスとして、以下のようなものが挙げられます。

ただし、サービスの内容や、各サービスに追加料金が発生するのかどうかは業者によって異なりますので、見積もりの際にしっかりと提示してもらうとよいです。

荷物の搬入・搬出

依頼内容のメインがこの荷物の搬入・搬出です。自分が新居に移るまでの間、洗濯機や冷蔵庫などの大きな荷物を預かってくれるサービスもありますので、必要な場合はあらかじめ確認しておくことが大切です。

荷物の梱包

テレビや冷蔵庫など慎重に運びたいものに関しては、業者に依頼するのが一番です。専用の梱包材や梱包方法で安全に運び出してもらいます。

運び出すものをどの程度梱包してくれるのかなど、個別の細かい条件についても業者の確認を取っておくことで梱包の準備をスムーズに行うことができます。

ダンボールや梱包材の用意

荷造りに必要なダンボールや梱包材を業者が用意するサービス。基本料金の中にその料金が含まれている業者もありますが、追加料金が掛かるところが多いようです。

サービスを受ける際には以下のような確認を忘れないようにします。

  • 追加料金の有無
  • 用意してもらえるダンボール・梱包剤の枚数
  • 準備してもらえる時期

不要品の回収

引越しの際に出た処分品を、業者が引き取ってくれるサービスです。処分品とそうでないものをしっかりと区別し、わかりやすい形で業者に伝えるように気をつけてください。稀に、必要なものが処分されたり、処分品として頼んだはずのものが新居まで運ばれてきてしったりというケースもあるようです。

引越し業者の種類

引越し専門業者意外にも、軽貨物運送業者などに引越し作業の依頼をすることができます。それぞれの業者の特徴は以下のようになりますので、自分の生活スタイルや引越しの規模に合わせて選択することが良いです。

大手引越し専門業者

サービスも豊富で、荷物の扱いや作業にも慣れています。また、仕事も丁寧ですから、安心して作業を任せられます。

ただし、業者によってサービス内容や料金が違いますから、何社か見積もりを出して比較をするのを忘れないようにしてください。一般的に、3社以上に見積もりを出してもらい比較すると良いと言われています。

中堅の引越し専門業者

大手業者とサービス内容は変わらないのですが、比較的安価な料金を設定しているところが多いようです。

しかし、事故があったときに保険がなかったり、補償範囲が狭かったりすることがあるようです。また、スタッフの作業態度や作業率、梱包の質などにムラがあることもありますので、見積もり段階で十分に検討しておいたほうが良いです。

軽貨物運送業者

軽トラックでの貨物運送を行っている業者です。引越しを専門に扱っているわけではありませんが、荷物の少ない単身者や、短距離間の引越しなどをリーズナブルな値段で済ませることができます。

荷物の搬入や搬出をドライバーが手伝ってくれるケースも多いようですが、梱包は基本的には自己責任になります。また、見積もりを頼むことができない場合も多いので、注意が必要です。