ホーム >  不動産お役立ちガイド >  不動産業者の得意分野

不動産お役立ちガイド

不動産業者の得意分野

不動産会社と一口に言っても、扱っている専門分野がそれぞれ違います。

たとえば、物件を購入しようとしている場合に、賃貸仲介専門の不動産会社を訪れても、物件情報をほとんど持っていないケースもあります。

実際に店舗に訪れる前にインターネットなどで下調べを行っておくことで、最低限の手間を減らすことができます。

不動産業者の種類

不動産業者には大別すると次のような種類が挙げられます。

開発業者(デベロッパー)

ダイアパレスの「ダイアパレスシリーズ」や大京の「ライオンズマンションシリーズ」など、大規模な住宅開発・都市再開発などを行っている業者です。

新築販売会社

開発業者が開発を行った不動産を販売する業者です。モデルルームなどを用意し、顧客の獲得のための営業活動を行っています。

管理会社

分譲マンションや賃貸マンションを管理している業者です。入居者の斡旋や契約の手続きなど、オーナーの代わりに物件に関する業務を行います。

賃貸仲介会社

賃貸の仲介を主な業務としている業者です。駅の近くで1階に事務所を構えるなど、立地条件の良い場所で営業を行っている業者が多いようです。

売買仲介会社

売買の仲介を主な業務としている不動産業者です。売却物件の査定も行っています。

会社の規模による相違

不動産会社には、支店をいくつも持っている会社や、小さな店舗ひとつで営業活動を行っている会社など大小様々な規模の業者があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、目的に合わせて選ぶようにします。

大きな不動産会社の特徴

賃貸仲介を専門としている業者が多く、取り扱っている物件も広範囲に及びます。情報量も豊富で、保障面も比較的充実していると言えます。

しかし、営業社員の入れ替えが頻繁なため、契約の途中で担当者が変わってしまう可能性もありえます。また、地元密着の不動産会社に比べ、地域情報に乏しいケースもあるようです。

小さな不動産会社の特徴

地元密着型の会社が多く、売買仲介を専門としている業者が多い傾向があります。地元の情報に詳しいため、穴場物件を扱っていることもあります。また、中小規模の不動産業者同士で情報交換を行っている業者は、その地域・物件について新鮮な情報を保有しています。

口コミのチェック

不動産業者・物件の評判を事前に調査してみることでも、不動産業者の安心度を見極める参考になります。インターネットなどを使用して会社の評判を調べてみたり、現在建設中の物件であれば実際の建設現場に出向いてみたりしても良いです。 また、可能であれば実際に入居している人に話を聞いてみると、住み心地や業者のアフターサービスなど、知りたい情報が手に入るかもしれません。

会社の専門分野

売買専門・賃貸専門の不動産業者の中でも、より専門化が進んだことでさらに細分化されています。「シングル向けの物件が多い」「事務所や店舗を中心」「ファミリー向けの物件に強い」など、特化した専門分野を持つ業者もありますので、下調べをした上で実際に店舗に訪れてみると良いです。