ホーム >  不動産お役立ちガイド >  物件を探す

不動産お役立ちガイド

物件を探す

よい物件を見付けるためには、できるだけたくさんの物件に目を通すことです。多くの選択肢から比較することで自分の希望する条件もしっかりと固まりますし、相場観も養われます。なかなか買い換えることのできない買い物ですので、物件の見極めには慌てずじっくり取り組むことが大切です。

条件の決定

まず、譲れない条件を洗い出します。「家族全員にひとつずつ部屋が欲しい」「間取りは最低でも3LDKは欲しい」「通勤の便がよい沿線・最寄り駅の物件にしたい」などといった生活に直結する条件から挙げてみるようにします。

「できれば庭付きの一戸建て」「ベランダを広めに…」などの付加価値については、思いつく限り条件をすべて挙げ、比較しながら優先順位を決めると効率的です。

情報収集

インターネットで物件を探すと、手早く簡単に多くの物件を見ることができます。しかし、その手軽さからインターネットの情報だけで物件を選ぼうとする方がいます。

Webサイトを開設していない不動産業者もありますので、インターネットですべての物件情報を網羅しているとは限りません。様々な事情で掲載していない物件もあります。また、中古物件は意外なところに広告が出ていたりするものです。新聞折り込みや自宅に投函されるチラシ、物件情報誌などのあらゆるメディア・媒体から情報収集をすることをおすすめします。

もちろん、不動産業者の店舗まで足を運び、店頭広告や店員から直接紹介してもらうのも情報を手に入れるための有効な手段のひとつです。